おまとめローンおすすめ比較

住宅ローンが通らない原因エントリー一覧

住宅ローンの申し込みは年齢が重要
住宅ローンの申し込み条件の中では、本人の年齢が重要です。この年齢は、申し込む時の本人の年齢と完全にローンの支払いが済む段階での年齢が審査基準になります。住宅ローン審査が通らない例としては、申し込み時に未成年である場合や完済時点の年齢が80歳以上となるケースです。未成年だと、社会的に言って信頼度が少ないという判断になり、審査が通らないのです。さらに完済時の年齢が高いということは、返済能力が乏しいと評価されることになります。完済できる年齢が高くなる際には、金額の見直しや融資期間の見直しによって良い場...
複数のローン契約を交わしているケース
設けられた条件に適合していない場合、住宅ローン審査は通らないでしょう。債務条件というのは特に、スピーディに対応できない煩わしい条件です。複数のローン契約を交わしているケースでは、住宅ローンの返済金額と既存のローンと足して見ることになります。異なるローンを何種類も契約していると、審査に通らないことが多いのは、返済金額が高くなって債務条件が厳しくなるためです。でも、債務条件で最も問題とされるのは消費者金融への負債の有無です。消費者金融でキャッシングの利用歴があるというのも、住宅ローンの審査時には心証...
返済負担率で審査が通らないケース
住宅ローンの審査で満たす必要がある基準に、返済比率・返済負担率と言うものがあります。どちらも同じ意味で、住宅ローンの年間返済額が年間収入の中で何割に当たるのかということです。返済負担率は3割が限度で、35%以上になれば返済条件が満たされないため審査に通らない形になってしまいます。気を付けなければならないのは、他のローン返済額も一緒に計算されるということです。腑に落ちないかもしれませんが、利用はしていないにせよ、キャッシュカードのキャッシング枠も合算される部分があるという事実があるのです。キャッシ...
返済能力無しと判断され住宅ローンに通らない!?
望んだ通りに住宅ローンの審査が通らないワケは、充分な返済能力がないと考えられたためです。評価基準には勤務状況が挙げられます。勤務状況は、勤続年数だけでなく勤務先の規模や経営状態などがチェックされます。勤続年数については3年未満の場合、住宅ローンを申し込んでも審査が通らないことが多いと見られています。しかし最近の雇用状況を加味して、違う審査基準を充分にクリアしている際などに基準を下げてくれるという金融機関もあります。