おまとめローンおすすめ比較

住宅ローンの申し込みは年齢が重要

住宅ローンの申し込み条件の中では、本人の年齢が重要です。
この年齢は、申し込む時の本人の年齢と完全にローンの支払いが済む段階での年齢が審査基準になります。

 

住宅ローン審査が通らない例としては、申し込み時に未成年である場合や完済時点の年齢が80歳以上となるケースです。
未成年だと、社会的に言って信頼度が少ないという判断になり、審査が通らないのです。

 

さらに完済時の年齢が高いということは、返済能力が乏しいと評価されることになります。
完済できる年齢が高くなる際には、金額の見直しや融資期間の見直しによって良い場合もあります。

 

決められている年齢制限に関しては、金融機関ごとに異なる基準があります。
多くの場合、完済時が70歳から80歳までのあいだで基準が設定されているのですが、75歳を過ぎると通らないことが多いと言われています。
住宅ローンの完済時年齢が80歳まで可能でも、理想は定年退職の年には全部の返済を終了させたいところです。

 

それと、住宅ローンの借り入れの場合は、20歳になっていて70歳頃まで申し込みが行えます。
しかし、借り入れの年齢が高くなるほど完全に返済が終了するまでの期間が長くないため、返済が大変になるかもしれません。

 

完済のときの年齢で住宅ローン審査が通らないとしても、手段は残されています。
これは、親子リレーという借り入れのしかたで、名前から分かるとおり、支払いを親子で引き継ぐという方法です。

 

親子リレーであれば、年齢がネックで審査が通らない人でも、住宅ローンが借り入れ可能になる場合があります。
申込者の子どもや親族で条件に適う人が存在しているのであれば、本人の年齢制限は問題なくなります。

 

どれか一つの条件・基準のクリアが叶わなくても、対策次第で何とかなることがあるので粘り強く調べてみることをお勧めします。

関連ページ

複数のローン契約を交わしているケース
おまとめローンのオススメ業者を紹介するサイト!しっかりした業者・銀行を選べば、金利の軽減や支払先を統一して返済負担を軽減できます。
返済負担率で審査が通らないケース
おまとめローンのオススメ業者を紹介するサイト!しっかりした業者・銀行を選べば、金利の軽減や支払先を統一して返済負担を軽減できます。
返済能力無しと判断され住宅ローンに通らない!?
住宅ローン審査が通らない理由はさまざまです。正確な内容は推し量るしかありませんが、基準を満たしているか確認して、審査に通りやすくすることは可能です。