住宅ローンが通らない理由

勤務先にもよります

望んだ通りに住宅ローンの審査が通らないワケは、充分な返済能力がないと考えられたためです。

 

評価基準には勤務状況が挙げられます。勤務状況は、勤続年数だけでなく勤務先の規模や経営状態などがチェックされます。勤続年数については3年未満の場合、住宅ローンを申し込んでも審査が通らないことが多いと見られています。

 

しかし最近の雇用状況を加味して、違う審査基準を充分にクリアしている際などに基準を下げてくれるという金融機関もあります。

外資系の金融機関に申し込んでみる

勤続年数が満たせないために住宅ローンの審査を申し込んでも通らないようなら、外資系の金融機関に賭けてみる選択肢があります。転職についての見方が国内企業と同様ではないからです

 

日本企業は同じ会社に長く勤めているほど信用されますが、外資系企業は働く場所を移ることがキャリアアップと見なされます。

 

自分の勤務状況に応じて、いずれの金融機関が向いているか考えると良いでしょう。

 

ですがもちろん、キャッシング ブラックになっているような場合はどこも貸してくれませんのであしからず。

職業や勤務先

職業や勤務先の企業の判断基準は透明性があります。社会的に信頼が置かれている弁護士・医師・公務員・会社員の順で審査が通りやすいとされています。

 

会社員の中でも、役員か平社員かなどの社内での立場によっても審査結果は変化します。安定収入と判断されにくい自営業者は、住宅ローンが通らないケースが多いと言われています。

 

さらに、勤務先の規模についても重要な判断基準となります。経営が安定していると見なされる上場企業や、非上場企業でも有名な会社なら審査基準をクリアできる場合が多いでしょう。

 

勤めているのが中小企業であるなら、安定性を欠いていない企業だと理解してもらうことが要求されます。勤務している会社の資料を提出することが求められる場合もあります。

関連ページ

住宅ローンの申し込みは年齢が重要
おまとめローンのオススメ業者を紹介するサイト!しっかりした業者・銀行を選べば、金利の軽減や支払先を統一して返済負担を軽減できます。
複数のローン契約を交わしているケース
おまとめローンのオススメ業者を紹介するサイト!しっかりした業者・銀行を選べば、金利の軽減や支払先を統一して返済負担を軽減できます。
返済負担率で審査が通らないケース
おまとめローンのオススメ業者を紹介するサイト!しっかりした業者・銀行を選べば、金利の軽減や支払先を統一して返済負担を軽減できます。