モノビジョンレーシック

レーシックの施術の中にはモノビジョンレーシックというものがありますが、このモノビジョンレーシックいうのは、具体的には原則として老眼を回復させるためのレーシック施術になります。

 

この、モノビジョンレーシックというのは、効き目に対して、遠くが見えるように施術を行って視力の回復をさせ、反対の目には近視を残したままにするという方法になります。

 

このような方法はもともと、コンタクトレンズでも行われていたのですが、コンタクトレンズが不便だという人にはモノビジョンレーシックがおすすめです。

 

一言で老眼と言っても症状は人によって違うものですが、片目を近視にした状態でもう片方の目を正常な状態にすることによって、近くの物でも遠くのものでも正常に見えるようになります。

 

老眼というのは避けたいと思っていても、ある程度年齢を重ねていくと誰にでも引き起こるものですから老眼鏡をかけたり、老眼用のコンタクトレンズを使ったりすることがありますが、このような方法で眼精疲労が蓄積されてしまったりするという人の場合には、モノビジョンレーシックを受けることによって、裸眼での生活が可能になります。

 

しっかりとピントが合うまでの期間は多少の眼精疲労が起きてしまうことがありますが、ある程度の期間が過ぎれば正常にピントを捉えることが出来るようになりますのでとても楽になると思います。

 

老眼は特に眼精疲労がひどくなってしまうと言われてるので、モノビジョンレーシックを行い、老眼を改善させるという人が増えています。

  • 2012/09/10 22:29:10